PHP5.3.2環境で WordPress 管理画面がこける

ソースからのコンパイルインストールではなく現状維持での解決方法です(yum管理)
Wordpress 3.2からtimezone_identifiers_listの利用は必須になったようなので、
どうしようか悩んでいましたが解決できてよかったです。

状況
Redhat Linuxでyum管理していると、timezone関連の関数が使えない問題に起因しています。PHP5.3以降で問題が発生しており、timezone_identifiers_list()を呼び出すと、Segmentation faultsがでます。

対策

  1. timezonedbの更新
    $ pecl upgrade timezonedb
  2. timezonedbをphpのextensionとして読み込む
    /etc/php.d/timezone.ini を作成し
    extension=timezonedb.so
  3. 確認
    $ php -r 'timezone_identifiers_list();'
    というコマンドラインでエラーが発生しないことを確認した上で、
    Apacheを再起動すれば、timezonedbがTimezoneで使われ、本問題が回避できるようです

via WordPress > フォーラム » PHP5.3.2環境で管理者画面の一部(options-general.php)で処理がコケる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中