Re: Amimotoからstaticpress-s3で静的ホスティング連携

名前もお好きに、とりあえず、wp_update_siteurl.sh とかで。EC2のメタデータを取得して、その情報でデータベースを更新するようにしました。

#!/bin/bash

_id=`curl -s 169.254.169.254/latest/meta-data/instance-id/ | sed -e "s/-/_/"`
_dns=`curl -s 169.254.169.254/latest/meta-data/public-hostname/`
mysql -u root ${_id} <<_EOT_

update wp_options set option_value = 'http://${_dns}' where option_name = 'siteurl';
update wp_options set option_value = 'http://${_dns}' where option_name = 'home';

_EOT_

Amimotoからstaticpress-s3で静的ホスティング連携

武田さん、ありがとうございます。
でも、このままだと不完全で、実は WordPress では wp_options の他にも wp_posts 内に画像ファイルのURLとかを投稿した時の home_url を元に絶対パスで保存してたりするんです。
wp-cli ってツールを使うと、そんな値を一括で置換してくれる search-replace という便利なコマンドが有ります。
網元AMIには、最初から wp-cli 入っているので、wp-cli をインストールしたりする必要は無いです。

てことで、こんな感じで wp_update_siteurl.sh を作ればおっけー

2行目の “/path/to/wordpress” の所は、適宜自分の環境に合わせて変更してください。

Re: Amimotoからstaticpress-s3で静的ホスティング連携」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: AMIMOTOからstaticpress-s3で静的ホスティング連携 | civyssea.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中